花   2012年春 (クリックすると大きくなります


大雨が降ってきたので、クロ(6月で16歳)と雨に弱い花を一時避難
〜4月〜
この時はまだ小さかった
ダイコン草(右上)の現在  →
 
 
 


寒さ、風、雨に耐え、小さな花を
たくさんつけて今や盛り♪ 
ロベリア以外は、冬越しできている。
 


これから 夏に向け どんどん大きく
育っていくペチュニア・サフィニア

← 左ピンク 今年で3年目
 


中学時代の美術の先生が絵を
描かせる前、「変化と統一」といつも 
黒板に美しい字で大きく書いていた。
花を植える時、絵を描くかのように
「変化と統一」・・・と、色と形のバランスを
考えながら、先生のことを懐かしく思い出す。
 


昨年の敬老の日、
私には、まだ関係ないと思っていたら、
孫娘がピンクのシュシュを
プレゼントしてくれた。
「バーバは、この色が好きだから」って!
よく わかってる♪
こういう色の花を見るとなごむ。
 


こんな片隅で、草と間違えられて
抜かれそうになりながら、
たくましく かわいらしく咲いている。