初めてのこと

 今より 先のことは、厳密に言えば 初めてのことばかり。
過去にあったことと、似ていることは あるだろうが、決して 全く 同じということはない。
が、半世紀も 生きていると、先のことを 予想し、
「どうせ ああ なるに違いないさ」とか・・・
「フツーのおばさんとして 今のまま ちっちゃく生きて ぽつんと死んでいくんだわ」
なんて思いがち←私

 
そういう思考回路を 絶たねばと思った時、 いつも 浮かぶのは、聖書のことばだ。
なかでも


”わたしの目には あなたは 高価で尊い。
わたしは あなたを愛している”   イザヤ 43;4


という神様のことばを聞くと 安堵感で いっぱいになる。
神様の目から 見れば、私たち ひとりひとりは、かけがえのない愛すべき存在なのだ。

「つまらない繰り返しの 日々」なんて 思っちゃ いけない。
初めての嬉しいこと 楽しいこと すてきなこと すばらしいこと 感動することも
まだまだ だれの人生にも あるはず♪

と・・・・希望が ふつふつとわいてくるような 最近の初めてのこと

長男の娘になった小学1年生の子から
お手紙を もらった。
初めて♪
「ばあばへ・・・・」って(*^^*ゞ
つい 数日前に届けた スペイン村のお土産の封筒と便箋で。
1キロほどしか 離れていない所に住み、前の夜も 寄ってくれたのだけれど。
しっかり切手を貼ってあった。
私のことを思い浮かべながら 手紙を書き、
優しい気持ちでポストに入れてくれたんだろうなぁ。
住所を教えてやったり、切手を出してくれた母親 または 父親
なかなか いい親をやってくれているなぁ・・・
と 嬉しかった。

メガネをかけ、早速 返事を書いた。
そうなんです〜
ついに 老眼用と近眼 乱視用のメガネをふたつ 買ったのだ。
近眼だけれど、メガネをかけるほどでもなく、そのせいか 
老眼鏡をかける時期が 先に先に延びていたのだが。
ワーイ\(^o^))/…素晴らしい〜〜小さな字も 見える 見えるぅ〜〜〜。
書くのも らくちん らくちん♪
これで、アテネオリンピックで頑張る選手達を、 しっかり 見ることもできるわ〜
初めての海外旅行では、女子ソフトボールと野球を観戦する。

たれ目でふぬけ顔も、メガネをかけると きりっとしまって、
ちょっとばかり 賢そうに見えなくもない・・ふふ
いろんな角度からメガネ顔を 鏡に写して見ながら 思った。
初めての体験をさせてもらえる未来を、ワクワクしながら待ちたいな。
未来は、悲しみや苦しみをも 運んでくるだろうけれど
それだって 和らげることができる道も きっと ある。

”主は、すべてのわざわいから、
あなたを守り。
あなたのいのちを守られる。
主は、あなたを、行くにも帰るにも、
今よりとこしえまでも守られる” 詩篇 121:7〜8


と 約束してくださっているのだから。

                                 2004年 7月16日
「発信箱」目次 前ページ 次ページ トップページ