肩の荷をおろし

 肩が こって 痛い。
ゆっくり 腕を まわしてみる。
いい気持ち〜♪
肩が痛いのは、ソフトボールの練習を 急に やったためだ。
左足をしっかり 高めにあげ、少しオーバーに身体を倒して
ボールを投げると ボールは ビュンととんでいく。
何回 同じ動作を繰り返しても その時は 
なにも痛くなかった肩だったが、次の日から 痛くなった。
コリコリの肩を ほぐすと気持ちがいい。
この気持ち良さは、痛かったからこそ 味わえたもの。


民生児童委員として、9年間。
この11月末をもって 退任した。
重荷をおろして、荷がいかに重たかったかを思う。

担当地域だった家の近くを歩く時、
玄関に それまでなかった小さな植木鉢がおかれていて
かわいい花が 咲いているのを見て、嬉しくなる。
ついこの前は、暗い顔をして 足が痛い・・
息子が閉じこもっていて・・とつぶやいていたこの家のおばあさんの顔がうかぶ。
お花を愛でる余裕ができてきたのかあ。
デイサービスに行かれた人たちを乗せたバスとすれ違う。
どこの家の前で止まるんだろう?
こちらを見ている 知っている顔は いないか?・・
お年寄りが歩いてくると、誰でも 声をかけたくなる。


この9年間で、すっかりそういう習性が ついてしまった。
(もともと そういう性格だったから、勤まったとも言えるかもしれないが。)
もう そんな気を使わなくても いいんだわ。
通りかかったから 寄ってみなくては〜なんて思わなくてもいいんだ。
キョロキョロと気を使わずに 歩くのって なんて気楽なんだろう♪ 

関わった人たちで この9年間になくなられた人 9人。
引っ越された一人暮らしの高齢者 2人。
別れがあり、どうしたらいいのかわからないほどの大変なこともあったけれど
出会いがあり、楽しいことも 嬉しいことも たくさんあった。


                              2004年 12月15日
「発信箱」目次 前ページ 次ページ トップページ