ルーテル教会とは



 ルーテル教会は、16世紀のはじめにドイツで起きた宗教改革者マルティン・ルター(14831546)の精神を受け継ぐプロテスタントの主流のキリスト教会です。聖書の福音を教会の教えの中心とし、イエス・キリストの恵みと神の愛による救いをルターは説きました。

 スイスのジュネーブに本部「ルーテル世界連盟」(LWF)があり、現在、全世界には約7,500万人のルーテル教会の信徒がいます。アメリカには約6百万人の会員を有するアメリカ福音ルーテル教会(ELCA)があり、北欧やドイツでは国()教会となっています。日本でも、1891年(明治24年)九州の佐賀の地でルーテル教会の伝道が開始され、現在123の日本福音ルーテル教会が各地にあります。信徒数は約2万5千人。
 私たち栄光教会もその一つのルーテル教会です。日本福音ルーテル教会は、「福音に生き、社会に仕え、証しする教会になろう」という表題のもとに教会の伝道を目指しています。


   日本福音ルーテル教会は、こちらへ
日本福音ルーテル栄光教会 TOPへ