説教集 目次へ  
         

 

ヨハネによる福音書21322

 

 

  ユダヤ人の過越祭が近づいたので、イエスはエルサレムへ上って行かれた。そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている者たちと、座って両替をしている者たちを御覧になった。イエスは縄で鞭を作り、羊や牛をすべて境内から追い出し、両替人の金をまき散らし、その台を倒し、鳩を売る者たちに言われた。「このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」と書いてあるのを思い出した。ユダヤ人たちはイエスに、「あなたはこんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか」と言った。イエスは答えて言われた。「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。」それでユダヤ人たちは、「この神殿は建てるのに四十六年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか」と言った。イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである。イエスが死者の中から復活されたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。

           



『三日で建て直す』

 

 本日与えられましたヨハネ福音書2章のみ言葉は、神殿をめぐるお話です。

エルサレムの神殿をめぐって、イエス・キリストとユダヤ人たちが激しい論争をした話であります。

激しい論争を繰り広げたのですが、その論争のきっかけは、主イエスのほうにあります。言い方は悪いですが、けんかを売ったのはイエスであって、ユダヤ人たちはそれを買ったのです。どういったいきさつだったのか、そして、これが今のわたしたちに何を語りかけているのか、ご一緒に振り返って行きましょう。

 

まず確認したいのは、この話はいつの話かということです。

これは、主イエスが公に姿を現されて間もなくのことです。今、読んでおりますのはヨハネ福音書2章、話は始まったばかりです。

 

ちょっと振り返りますと、ヨハネ福音書の1章では、洗礼者ヨハネが、見なさい、あれが世の罪を取り除く神の小羊だ、と言ってイエス・キリストを人々に紹介します。

あれが神の小羊だ、と。その言葉の意味を、どのくらいわきまえたかどうかは別にして、イエスと出会った人が何人か、弟子となってついて行きます。

 

その弟子たちを従えて、イエスが最初に何をなさったかということがヨハネ福音書2章に書かれています。

それは、ガリラヤのカナという村で結婚式に招かれた時のこと。

お酒が足りなくなったときに、水をとびきりおいしいお酒に変えて下さって、結婚式を賑わわせてくださったということでした。

 

その次にあった出来事。それが今日の個所です。つまり、故郷ガリラヤを離れて、都エルサレムに上京なさった時のことです。

 

聖書をよく読んでおられる皆さんは、今日の出来事は、そんな初めのほうの出来事ではなかったのではないか、という印象を持っておられるかもしれません。

マタイ、マルコ、ルカの福音を読みますと、エルサレムの神殿に行って、そこにいた商売人や両替商を追い出されたという話は、最後のほうに出てきます。子ろばの背中に乗ってエルサレムに入城されたそのあとに起こった出来事として紹介されています。

 

だから、それが大変大きなきっかけとなりました。

何のきっかけと言えば、殺されるきっかけです。神殿の人たち、有力な人たちから反感を買ってしまう。殺される動機となるのです。

 

でも、ヨハネ福音書においては、あのカナの婚礼の出来事に続く、最初の出来事として描かれています。

いったい、どっちが正しく書いているのか、歴史的にはどちらが正しいのか、ということは分かりませんし、考えなくてもいいでしょう。

 

でも、少なくとも、ヨハネ福音書を読む限り、これが即、殺されるためのきっかけとしては書かれていない。別の意味をもった話として紹介されています。

いったい、その意味は何でしょうか。

 

そう考えた時、これは、古い教え、古い生き方が、イエスによって変えられるのだ、というメッセージとして聞こえてきます。

神殿によりすがっていた生き方、ユダヤ人たちのこれまでの生き方から、今、ここに、新しい生き方、神様との新しい関係が生み出されるのだ、というメッセージとして聞こえてまいります。

 

ここからは、新しい生き方、神様との新しい関係が始まる。

たとえば、そう感じさせる表現が一つあります。

わたしの父の家を商売の家としてはならない。という一節です。

 

これは、いま行っていることに対する禁止の表現です。一切、こういうことをするな、という禁止表現ではなくて、今まではこうやってきたけれども、これからは、今からは、もうそれをするな、新しい生き方をはじめよ、という思いの込められた一節です。

 

カナの婚礼の出来事もそうです。

ユダヤ人たちが、身を清めたり、あらゆるものを清めたりするための水がめ。その水がめが六個もある。

彼らは、その水によって身を清めることができると信じていた。神さまの前において、自分の生き方で罪をなくし、清い自分でいることができると信じていました。

 

でも、そこに大きな水がめが六個もあったって、清められないものがある。

しかし、イエス・キリストによってすべては清められる。どんな罪も、どんな汚れも、どんな破れも、どんな絶望も、イエス・キリストがおられるなら、清められる。

そして、大きな喜びとなる。カナの結婚式がイエスによって、大いに祝福され、喜びがわき起こったように、イエスによってすべての罪が清められ、どんな悲しみも喜びに変えられ、どんなやみも光に照らされる・・・。

新しい約束が始まったという知らせが、カナの婚礼の話に込められていました。

 

それと同じように、いま、エルサレムの神殿が変わる。イエスが来られた以上、すべてが変わる。神さまとあなたの関係、神様とわたしの関係が、変わる。

それが、ヨハネ福音書2章の出来事を通して、示されています。

 

主イエスとユダヤ人たちの論争、その論点は、神殿でした。

神殿を大切にするユダヤ人と、そんな神殿は壊してみよ、と言われたイエス様。

イエスが言われた神殿の意味は、彼らの考える神殿とは違った、ということが伝えられておりました。

 

栄光教会では、このことを、ここ一、二年の間、だいぶ考えて来ました。信徒会や運営委員会、そして役員会でももちろん、いっぱい、考えてきました。

皆さん、お一人お一人、いったい、教会とは何だろうか、と考えてこられたはずです。

 

片方で新しい礼拝堂を、新しい場所に移ってみることも含め、思い切って考えてみようという。片方で、いや、今ある礼拝堂を存続したいという。

 

途中、白熱しすぎて、多少、お互い気分を害するような発言も出ていました。それは、今日のみ言葉の中で言えば、あなたの家を思う熱意というものかもしれません。

神さまの家を思う熱意。つまり、教会のことを思う熱意。それがあります。皆さんにもあるでしょう。キリスト者であれば、みんなあると思います。

 

そして、議論するなかで、徐々に、考えていかれたはずです。

わたしたちは、どんな熱意をもっているのであろうか。

わたしたちは、どんな神殿を求めているのであろうか。

神の神殿とは何だろうか。

 

これは、とても大切な議論となったと思います。

誰かに任せてわたしは知らない、ということではなく、各自が、神殿のことを考えた。

神殿とは何か、神殿に対する熱意とは何か、その熱意はどこへ向けられるべきかと考えた。

 

わたしは、ひとつ確信しています。しばらく時がたった時、あの時期の、あの議論は、大事な議論だった、と振り返る時期が来るということを。

今日の個所では、イエス様が復活なさった後に、ああ、あの時の出来事はこういうことだったのか、と弟子たちは思い出したと書かれておりますが、栄光教会の皆さんは、必ずや、そうだった、あの時の議論が、今こうして生きているのだ、と思い起こすときがくると、わたしは信じています。

 

さて、聖書に戻ります。神殿とは何なのでしょうか。

エルサレムの神殿は立派なものだったようです。今日の個所では、建てるのに46年かかったと書かれています。でも実際は、もっとです。

これは、ヘロデ大王によってはじめられた再建でしたが、完全に出来上がったのは紀元62年と言われます。今日の場面から、さらに30年くらい要します。このときはまだ建築途中でした。今、この時代に、同じものを造ろうとしても大変だろうと言われます。

 

そんな神殿であるからこそ、彼らは、ありがたくて、方々から来たのでしょう。

今ならわたしたちが、東京の六本木ヒルズでも眺めて、ハアー、こりゃすごいと息をのむような感じかも知れません。

 

でも、主イエスは、そのように、神殿の素晴らしさに彼らが息をのむのを冷ややかに見ておられます。

ルカ福音書には、その神殿の素晴らしさをたたえる人たちに向かって、「あなたがたはこれらの物に見とれているが、一つの石も崩されずに他の石の上に残ることのない日が来る。」と言われたと書かれています。(ルカ2156

 

そもそも神殿とは何か。いまのわたしたちで言えば、教会とは何か。

どんな言葉が浮かぶでしょうか。「教会とは何か。」

 

「神さまと出会うところ」こう言えば、ひとつ正解でしょう。

 

では、神様と出会って、何があるのか、あるいは何をするのか。

 

神さまと出会うと、そこに、神様との関係が生まれます。

わたしたちは普通、たとえば、道でいろいろな人とすれ違っても、関係が生まれたとは考えません。出会いがあったとも言いません。

その人との関係が生まれてこそ、出会いです。友人関係とか、主従関係とか、恋人同士とか、関係が生まれてくる。それが出会いでしょう。

 

教会に来て、神様と出会う。そう、教会は神さまと出会うところです。

では、どんな関係が生まれるのか。

 

教会に来ると、祈ることを教えてもらいます。

栄光教会では、今年、年間主題を「ここは祈りの家」としました。

教会は、祈る場所です。

 

教会に来る。そして、神さまと出会う、それは、祈りを聞いておられる神さまを知ること、祈ることを期待されていることを知ることです。

神様と語らう関係になることです。

 

神さまに祈る。

わたしたちが、神様と最も親しく触れ合うために、祈ることが何より近道です。

祈りにおいて、神様はわたしたちの魂に語りかけてくださり、わたしたちは平安をいただきます。

 

そして、祈る時には言います。

天の父よ、と。もう、そのひとことに神様との関係が集約されています。「父よ。」

 

今日の個所でも、イエス様は、おっしゃいました。わたしの父の家を商売の家としてはならないと。わたしの父とおっしゃいました。

 

これが、関係です。つまり、神様とあなたは、親子関係だと。

教会に来ると、あなたは神さまと他人ではない。あなたは神さまの子供だと知らされます。

 

そんなことを言って、どこに証拠があるのか、という声が聞こえてきます。

ユダヤ人たちも言いました。そんなことを言うからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか。

 

それに対して、イエス様は、神殿を壊してみろ。三日で建て直す、と言われた。これを壊してみろ、そうしたら、むしろ、はっきりと神様との関係がわかるとも聞こえます。

 

ユダヤ人たちは、壮麗な神殿に行っては、いろいろと犠牲の捧げものをしました。

神さまに赦されたり、気に入ってもらったり、祝福を受けるためでした。

それが、彼らが築いてきた神様との関係でした。

 

イエス様は、その犠牲の捧げものをひっくり返されました。もう要らないと。もうこれからは、新しい関係が始まるから、要らないと。

その新しい関係とは、何か。三日なのだと言われました。

 

イエス・キリストご自身が、犠牲となる。だから、もう牛や羊や鳩をささげる必要はない。そういう神様との関係は終わり。これからは、必要な犠牲は、三日

 

そう、あの時、洗礼者ヨハネが言ったとおり、見よ、世の罪を取り除く神の小羊。過越し祭でささげる犠牲の羊ではない。イエス・キリストご自身が、犠牲の小羊となる。そうして、殺されて三日目によみがえる。それが、神様との関係の礎となるのだと。

 

それは言い換えれば、神さまの熱意です。わたしたちの熱意ではない。

わたしたちを思う、神さまの熱意。それが三日で建て直された神殿です。

 

わたしたちが教会に来る。教会で何を見るか。神さまの熱意を見るのです。わたしたちを放っておけないと言われる神さまの熱意を。

 

そのように注がれる神さまの熱意を受け取るか、受け取るならば、あなたは、わたしの体の一部となる、とイエスさまは言われる。

あなたも神殿になる。80年かけて建てられたエルサレム神殿よりも、ずっと値高く、崇高で、豊かな神殿。神さまの熱意を知ったあなた、神様を信じたあなたを、わたしは教会の体と呼ぶ。と祝福の言葉を受けるのです。

 

それは、何よりも尊いのです。この世に、どんなにみ目麗しいものがあっても、どんなに手の届かないものがあっても、また逆に、どんなにわたしたちを不安にさせるものがあっても、何をも恐れる必要がない。

そのような恵みが、わたしたちにイエス・キリストによって届けられました。

 

今、わたしたちの集うこの教会も、三日で造られました。あなたを救うために、また、まだ見ぬ多くの人々を救うために、ここは建てられました。

わたしたちは、その体です。そのように召された喜びをしっかり味わい、また、その喜びを伝えることができるように、ご一緒に祈りましょう。

 

                                   2009315日礼拝にて 

日本福音ルーテル栄光教会 表紙へ