説教集 目次へ
  
 

マルコによる福音書11111

 

  一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山のふもとにあるベトファゲとベタニヤにさしかかったとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、言われた。「向こうの村へ行きなさい。村に入るとすぐ、まだだれも乗ったことのない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、連れて来なさい。もし、だれかが、『なぜ、そんなことをするのか』と言ったら、『主がお入り用なのです。すぐここにお返しになります』と言いなさい。」二人は、出かけて行くと、表通りの戸口に子ろばのつないであるのを見つけたので、それをほどいた。すると、そこに居合わせたある人々が、「その子ろばをほどいてどうするのか」と言った。二人が、イエスの言われたとおり話すと、許してくれた。二人が、子ろばを連れてイエスのところに戻って来て、その上に自分の服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。多くの人が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は野原から葉の付いた枝を切って来て道に敷いた。そして、前を行く者も後に従う者も叫んだ。

「ホサナ。

 主の名によって来られる方に、

   祝福があるように。

  我らの父ダビデの来るべき国に、

    祝福があるように。

  いと高きところに、ホサナ。」

 

こうして、イエスはエルサレムに着いて、神殿の境内に入り、辺りの様子を見て回った後、もはや夕方になったので、十二人を連れてベタニアへ出て行かれた。


 

『子ろばに乗って』

 

 本日与えられましたマルコ福音書11章のみ言葉は、エルサレム入城と呼ばれます。

ついに、と付けてもいいでしょう。ついにエルサレム入城。人となられた神のみ子、イエス・キリストの旅の終着地点です。ここを目指して主イエスは旅を続けて来られました。

こういう言い方もできるでしょう。イエス・キリストは、いつ、どこにいて、何をしている時も、このエルサレムに来ること、このエルサレムで最期を遂げることだけをお考えになりながら、ここまで来られたと。

その意味で、ついにエルサレムに来た、いよいよやって来た。という感慨をもって読むべきところであります。

 

さて、与えられた個所を改めて読みますと、はじめに「一行がエルサレムに近づいて」と書かれており、最後の節で「こうして、イエスはエルサレムに着いて」と書かれています。

いよいよエルサレムが近づいてきた、というところから始まって、その結果、こうしてエルサレムに着きました、と綴っております。

まず近づいてから何をなさったのか、そして、いよいよ到着してから何をなさったのか。そのように分けて読むことができます。

 

まず、いよいよエルサレムに近づいた。オリーブ山のふもとにあるベトファゲとベタニアにさしかかったとあります。これは、地図を見ていただくと、エルサレムの東の方、数キロメートルに位置する村です。

この二つの村あたりに来た時、二人の弟子に用事を頼まれました。

「向こうの村へ行きなさい。村に入るとすぐ、まだだれも乗ったことのない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、連れて来なさい。もし、だれかが、『なぜ、そんなことをするのか』と言ったら、『主がお入り用なのです。すぐここにお返しになります』と言いなさい。」と。

 

教会生活の長い方は、この御言葉を何度も読んでおられるので、もうあまり驚きもなく読まれると思いますが、これはやはり首をかしげたくなるお使いです。

行ったこともない村に行かされる。そこに行けば、だれも乗ったことのない子ろばがいる。

使いに出された二人にしてみれば、向かいの村に行くのはともかく、そこに子ろばがいるのかどうか。それも、だれも乗ったことのない子ろば

いなかったらどうしようか。見つからなかったらどうしようか。・・・心配性の人なら、行く前にいろいろ気になってしまうことでしょう。

 

でも、イエス様は、ためらうことなく語っておられます。大丈夫、そこには、そういう子ろばがいるんだと。

しかも、その子ろばがいると言うだけではない。そこで、なぜ、その子ろばを連れていくか、と尋ねる人のことまで押さえてあります。そういう状況になったら、『主がお入り用なのです。すぐにここにお返しになります。』と言いなさい。と。

子ろばがいるかどうかのもっと先のことまで、きちんと対応できるようにしておられる。

 

さあ、でも、仮にその通りにことが進んだとして、その居合わせた人たちが融通の利かない人で、何を勝手なことを言っているのだ、主がお入り用?そんなことが通用するか、その「主」とやらを連れて来い、なんてまくしたてられたら、どうしようかという心配も抱いたのではないでしょうか。

 

わたしは、今日のみ言葉、改めて冷静に読んでみると、使いに出された二人は、そういった心配を抱えただろうな、と思えました。

そしてそういう心配を抱えていたからこそ、その後起こった一つ一つの出来事が彼らにとって忘れることのできない、感動となったのだと思います。

彼らは言われるがまま、行いました。いや、何より、言われるがままのことが起こりました。そこに驚きがあります。

 

これは、みなさん、味わっておられるでしょうか。味わうためには、みなさんが、御言葉の通り生きてみる、ということを実践しなければなりません。

たとえば、迫害する者のために祝福を祈れ、とか、神殿に行く前に、隣人と和解しておきなさいとか、安息日を聖としなさいとか、いろいろな御言葉が思い出されるでしょう。それらを、そのとおりに生きてみる。生きてみないと、それに伴う祝福について味わうことができません。

 

二人の弟子は、戸惑いもあったでしょう。でも、それでも、言われたとおり、やってみました。居合わせた人に尋ねられた時も、主がお入り用なのです。すぐここにお返しになります。と言われたとおりの返事もしました。そうしたら、ことが運んでいった。イエス様の言われるとおり、ことが運ばれていった。

そのことを二人は、実体験したのです。それは、大きな感動です。

 

のちのち、弟子たちはひとつひとつのことを、語り伝えていく使徒とされて行きます。教会を造って行きます。次の世代の人たちに信仰を伝えていきます。

その際、こういう身をもって経験したこと、身をもって味わった驚き、それが彼らを、あつく語らせる人にしていったのだと思います。

 

さて、そのようにして彼らが引っ張ってきた一頭の子ろば。その子ろばをご覧になると、イエス様はこれにお乗りになります。

こういう動物は、よいしょと足を挙げてまたがるものですから、≪乗った≫と訳されます。でもここで使われている原文の単語は、≪座った≫というものです。

英語の聖書で、RSV、Revised standard versionというのがありますが、ここには、he sat upon it彼はその上に座った、と訳しております。

 

なぜ、そんなことに立ち止っているかといいますと、この「座る」という単語は、聖書中で、意外と大事な単語だからです。

 

たとえば、あの山上の説教をはじめ、主イエスが群衆に向かってお話をなさる時、イエスはお座りになると話し出した、といった書き方がよく出てきます。

あるいは、たとえ話にも時々出てきます。あなたがたのうち、塔を建てようとするとき、造り上げるのに十分な費用があるかどうか、まず腰をすえて計算しない者がいるだろうか。(ルカ1428)。まず腰を据えて、まず座って、ということです。

そして、十字架につけられ、復活なさったイエスは、やがて、どうなると言われるか。人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。 (マタイ2531)。

主イエスは、弟子たちに話した後、天にあげられ、神の右の座に着かれた。(マルコ1619)。

 

今日もこの後、ニケヤ信条をご一緒に読みますが、その中でも、主は天に上られ、全能の父なる神の右に座し、と言います。

 

また、旧約の時代から、人々は、神様を畏れ敬って、「神のみ座」「神の栄光のみ座」といった言い方をしてきました。

それは、まさに、畏れ多いことを表現したものです。この地上の世界とは違うんだ、と。神さまの威厳をたたえるために使われてきた表現です。

 

でも、今、イエスが座っておられるのはどこか。子ろばの上です。

今日の場面、弟子たちを使いに出された後、イエスは終始無言です。なにもセリフが書かれていません。実際に、何もお語りにならなかったのでしょう。

でも、イエス様は、無言のうちにおっしゃっておられるようです。この子ろばの上が、神のみ座だと。

 

わたしたちには、これは分かりづらいことです。神のみ座は、神々しい光に満ちているところ、手の届かないところ、と思っている。旧約の人たちが、神のみ座、栄光のみ座と呼んで来た時に、そういう思いがあったと思います。

でも、イエス・キリストは、子ろばの上に座られました。ここがわたしのみ座だと。

 

今、わたしたちの使っております新共同訳では、今日の個所には、「エルサレムに迎えられる」という小見出しが付いています。

カトリックの本田哲郎先生の訳された聖書には、少し長い小見出しが付いています。「覚悟を決めてエルサレムの町に入る ―― イエスの思いと人々の期待のずれ」とあるのです。「覚悟を決めてエルサレムの町に入る ―― イエスの思いと人々の期待のずれ」面白い表題です。

そう、この時、既に主イエスのなさることと人々の間にずれが起こっている。

そのずれを象徴的に示しているのが、イエス・キリストが座したのは子ろばの上だった、ということではないでしょうか。

 

人の価値観と、神さまの価値観の違いと言ってもよいかもしれません。その溝は、なかなか埋まらないもののようです。

 

それだからこそ、今日の、子ろばの上にまたがり、無言で進まれるイエス様は、その無言のうちに、わたしたちにいろいろ語っておられる気がいたします。

その無言のお姿から、わたしたちは、み声を聞く者とならねばならないと思うのです。

 

そこには、小難しい教えとか、面倒くさい掟などは聞こえてきません。

先週の木曜日、島田礼拝堂での聖書を読み祈る会の中で、昔ユダヤ人たちが持っていた食べ物の規定について少し学びました。こういうものは食べてよい、こういうものは食べてはならないと。それは今でも、ユダヤ教やイスラム教の中では生きています。

それに対して、キリスト教では、なんらそういった規定はありません。断食することもない。むしろ、よく食べる。教会でもよく会食をする。先週もしました。大勢でしました。来週もイースターですから、またご一緒に食事します。

これは、イエス様の生き方だからです。イエス・キリストの家族は食事をする群れとなります。食事の輪の中に、イエス様がおられる。これが教会の信仰です。

 

さて、その話し合いの中で、そういった掟とか、戒律とかがないけれども、ないからこそ、自由だからこそ、そこで神に従うということの難しさがあるのではないか、という意見がありました。つまり、神に従うためにこの掟を守れ、というなら、それを守っていればよい。心の中はどうであれ、そうしておけばよい。でも、キリスト教は違う。なにも表向きはない。自由。でも、その心の中で、本当に神さまを慕い、神様を畏れ、敬う。本当の意味で、厳しく問われている。それが、わたしたちの信仰生活だろうと。

とても大切な話し合いができたと思っています。

 

今日の場面、イエス様は、やはり無言です。ああしろ、こうしろと言われない。ああしたから、こうしたから、お前はだめだとも言われない。

でも、その無言の中で、子ろばにまたがるへりくだったお姿を通して、わたしたちはたくさんの教えを聞くことができます。

 

もし、それをたった一言で言うならば、あなたは、このお方を自分の中に迎え入れるか、ということになるでしょう。

そして、それは、迎え入れるかという問いかけではなく、あなたの中にあのこと、このことではなく、ただ、このお方だけを、子ろばにまたがりやって来られた、柔和なこのお方だけを迎え入れなさい、という招きとして聞こえてくるはずです。

 

自分の服を脱いで、道に敷き、この上をお通りください、と差し出したあの時の弟子たちのように、あなたもいま、自分の中にある余計なものを取り払って、ただこのお方を迎え入れなさい、と招かれている。その声を、信仰の耳をもって聞きたいと思います。

 

イエス様は来られます。子ろばに乗って、あなたのところに来られます。

ホサナ、ホサナ、とたたえながら、お迎えしたい、このように思うものです。

 

                                    200945日 礼拝にて

 

 

日本福音ルーテル栄光教会 表紙へ