説教集 目次へ

 
 

使徒言行録2121

  五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話し出した。

 

  さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉で使徒たちが話をしているの聞いて、あっけにとられてしまった。人々は驚き怪しんで言った。「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。どうして、わたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。わたしたちの中には、パルティア、メディア、エラムからの者がおり、また、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などに住む者もいる。また、ローマから来て滞在中の者、ユダヤ人もいれば、ユダヤ教への改宗者もおり、クレタ、アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」人々は皆驚き、とまどい、「いったい、これはどういうことなのか」と互いに言った。しかし、「あの人たちは、新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言って、あざける者もいた。

 

 すると、ペトロは十一人と共に立って、声を張り上げ、話し始めた。「ユダヤの方々、またエルサレムに住むすべての人たち、知っていただきたいことがあります。わたしの言葉に耳を傾けてください。今は朝の九時ですから、この人たちは、あなたがたが考えているように、酒に酔っているのでありません。そうではなく、これこそ預言者ヨエルを通して言われていたことなのです。

『神は言われる。

終わりの時に、

わたしの霊をすべての人に注ぐ。

すると、あなたたちの息子と娘は預言し、

若者は幻を見、老人は夢を見る。

  わたしの僕やはしためにも、

そのときには、わたしの霊を注ぐ。

すると、彼らは預言する。

  上では、天に不思議な業を、

下では、地に徴を示そう。

血と火と立ちこめる煙が、それだ。

  主の偉大な輝かしい日が来る前に、

太陽は暗くなり、

月は血のように赤くなる。

  主の名を呼び求める者は皆、救われる。』

 

 

 

 

  ヨハネによる福音書1526節〜164節a

 

  わたしが父のもとからあなたがたに遣わそうとしている弁護者、すなわち、父のもとから出る真理の霊が来るとき、その方がわたしについて証しをなさるはずである。あなたがたも、初めからわたしと一緒にいたのだから、証しをするのである。

 

  これらのことを話したのは、あなたがたをつまずかせないためである。人々はあなたがたを会堂から追放するだろう。しかも、あなたがたを殺す者が皆、自分は神に奉仕していると考える時が来る。彼らがこういうことをするのは、父をもわたしをも知らないからである。しかし、これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためである。」

『天の風、地をいやす』 

 

現在、焼津礼拝堂での水曜日、聖書の学びの時間、ヨハネの黙示録を学んでおります。

新約聖書の中にあって、いささかとっつきにくい、読んでもわかりにくいと思われがちな書簡です。

しかも、数年前のオウム真理教など、カルト宗教が時折、ヨハネの黙示録(1616)を引用しては、ハルマゲドンがどうしたこうした、と世の終わりについて聖書にも書かれているのだ、と取り上げたりするものですから、誤解も受けやすい。

 

あるいは、皆さんの中にはロシアの原子力発電所事故のあったチェルノブイリの事故の際、あのチェルノブイリという名前の意味は苦よもぎと呼ばれるものであって、その苦よもぎもヨハネの黙示録(81011)に出てくる、ああ、やはり終末ではないか、などとまことしやかに言われたのを覚えておられるかもしれません。

 

しかし、実際には、ヨハネの黙示録は、そんなに怖い書物ではなく、教会の信徒たちが信仰から離れることなく、しっかりと祈り続けなさい、信仰生活を最後までまっとうしなさい、と励ましている書物です。

 

もっとも、それはのんきな状況で、書かれた励ましの書物ではありません。

いくらか誤解を受けるほどの激しい言葉で、信徒たちを強く励まさねばならなかった事情がありました。

それは、黙示録が書かれた時代、教会がただならぬ迫害を受けて、信徒たちはこれと闘い続けていたということであります。

 

わたしたちは、いま、こうして別に何も問題なく、礼拝を守っています。

日本という国ですから、キリスト教の礼拝に出るというのは、あまり一般的ではないことかもしれない。

古い人の中には、外国の宗教だとか、西洋の宗教だとか、耶蘇だ、なんてまだ言う人もいるかもしれない。

そして、皆さんの中には、ご家族の十分な理解や協力を得られない中で、何とか礼拝に来ているという困難をお持ちの方もあるかもしれない。

 

でも、だからと言って、逮捕されはしません。礼拝に来たからと言って、殺されはしません。

 

しかし、黙示録が書かれたころ、キリスト教会は、激しい迫害下にさらされていました。

時代は紀元一世紀の終わりごろと推定されます。ローマ皇帝ドミティアヌス帝の時代と言われます。

教会に対する大迫害の時代でした。

 

もちろん、この時代にさしかかる以前にも、クリスチャンたちは迫害を受けておりました。

島田礼拝堂では、木曜日に使徒言行録を学んでおりますが、ちょっと前に、イエス様の弟子の一人だったヤコブが殉教したというところを学びました(122)。

 

また、聖書には書かれていませんが、あのシモン・ペトロも殺されます。逆さはりつけにあったと言われます。殺される前には、逮捕監禁もされています。

そして、使徒パウロは、何度も牢獄に入れられました。何度も鞭打ち刑に遭いました。そして、最後はとうとう首を切られて殺されました。

 

そういった時代からすれば、今、わたしたちは平和な時代だと思います。教会に来ているからと言って、警察に捕まることもなければ、いのちを落とすこともありません。

 

まあ、だからと言って、今が楽な時代だなどとは、わたしは思っておりません。

現代社会における信仰生活の継続にも、困難が付きまといます。あの頃にはなかったような悩みがあり、苦しみがあります。

日本という国での信仰生活には、形に現れない、目には見えない、言葉にならない伝道の妨げがあります。

そのような中で、いま、皆さんが信仰生活を守り続けておられるというのは、やはり試練に打ち勝ちながらのものであるはずでありましょう。

 

さて、今日与えられましたヨハネ福音書15章から16章にかけてのみ言葉、そこには迫害の時代を生きたクリスチャンたちが、おそらくとても大切にしたみ言葉、苦しみの中で大きな励ましとなったであろうみ言葉がありました。

それは、きっと、別の意味で困難な時代を生きるわたしたちにも、大きな励ましとなるみ言葉であると思います。

 

これらのことを話したのは、あなたがたをつまずかせないためである。人々はあなたがたを会堂から追放するだろう。しかも、あなたがたを殺す者が皆、自分は神に奉仕していると考える時が来る。彼らがこういうことをするのは、父をもわたしをも知らないからである。しかし、これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためである。

 

出だしと最後、同じ言葉が重ねられています。

これらのことを話したのは、なになに、という言葉です。

 

初めのほうは、これらのことを話したのは、あなたがたをつまずかせないためである。

あとのほうは、これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためであるとありました。

 

この御言葉が語られておりますのは、最後の晩餐の席上です。あと数時間後、イエス・キリストは、それこそ捕らえられ、殺されます。

その時を前にして、弟子たちに向かって心残りのないように、残される弟子たちに向けて最後のメッセージを語っておられます。

 

だからこそ、力を込めて語っておられます。彼らの記憶に残るように語っておられます。

 

残念ながら、それは今は分からないだろう、今、ここで弟子たちには十分理解できない言葉であろう、でも、その時が来たら、思い起こすはず。いや、その時が来たら、今語っておられるイエス様の言葉、これから捕らえられ、殺されるイエスのお姿、そのすべてが、いよいよの時、弟子たちを励ますはず。

やがて、使徒たちが会堂を追放されたり、殺されたりすると、言われております。そのような時が来た時に、今、語っておられる言葉が思い起こされる。

 

そういう思いを込めて語っておられるので、これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためであるとあるのです。

 

これは、言い換えれば、わたしたちには、絶望の時に思い起こすことのできる言葉があるということです。死の淵に立たされながら、思い起こすことのできる言葉がある、ということです。

それは、何と尊いことでしょうか。

 

キリスト教とは関係のないことですが、戦時中の話を、ご年配の方から聞いたことがあります。特攻隊など、死にゆく兵隊さんたちは、最後の瞬間、決して、天皇陛下万歳と言って死にはしなかった。最後は、おかあちゃん、と叫びながら死んでいった、と。

 

最期の瞬間に、どこにいちばん強くつながっているか、はっきりわかるのです。

クリスチャンたちは、いわれなき迫害を受ける時代を迎えます。わたしたちだって、それなりに苦難を味わいます。その中で、どこに帰るのか。

これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためである。

 

今日のみ言葉においては、これらのことというのは、特に真理の霊がわたしたちのもとに遣わされて来るという約束でした。いわゆるペンテコステの約束です。

その約束は、二番目にお読みしました使徒言行録2章に記されていたとおりです。

 

聖霊が降りて来て、弟子たちは世界中の人々に、イエス・キリストを証ししていきます。

ヨハネ福音書に記された約束によれば、真理の霊が証しをし、あなたがたも証しをする、・・・いわば、イエス・キリストを証しするのは、わたしたちだけでなく、神の霊もまた、一緒に証しをするのだとの約束です。

 

つまり、とても分かりやすく言えば、今、こうして、説教者としてわたしがみ言葉を語っている。イエスの福音について語っている。この時、わたしだけでなく、聖霊もまた、ご一緒に語っているということです。

 

その約束は、弟子たちを強くしました。四面楚歌の状況に置かれても、彼らが最後まで弟子として生き抜き、中には殉教者たちが現れたのも、この約束のゆえです。

 

それだけではありません。

彼らは、共に語ってくださる聖霊ならば、もしも、この命奪われる時には、一緒に死んでくださるのだ、と信じたことでしょう。

聖霊はわたしたち一人一人のもとに下り、わたしたちと共にイエスを証しし、そして、わたしたちと共に死んでくださる。そして、それは、死に終わらず、イエス・キリストの復活にも共にあずかるのだと。

 

弟子たちによる宣教は、実を結んでいきます。苦しい時代を経ながら、実を結んでいきます。

 

彼らの姿は、暗い世相を生きる人たちに、光をともしたはずです。

「この人たちは、こんなに苦しめられながら、それでも、生き生きと、確信を持って証しをしている。その源は何か。彼らをこんなに強くしているのは何か」と人々の心を打ち続けました。

弟子たちから、神の息吹が、神のいのちの息が人々に伝わって行ったのです。

 

その息吹、神の息は、信じて祈るならば、わたしたち一人一人にも与えられます。

神と私たちを結びつけ、私たち互いを結びつけるために、み霊は下ります。かつて、イエス様が天から下って世に来られたように、復活の主を証する聖霊は、わたしたちのもとに降ります。

 

この霊が、わたしたちと共にいて、わたしたちを奮い立たせ、わたしたちに信仰を与え、困難な中で、主イエスのことを思い起こさせてくださいます。

 

主よ、このわたしにも、わたしたちにも、いのちの息吹を、日々新たにしてくださいとご一緒に祈りましょう。

 

                                  2009531日礼拝にて

日本福音ルーテル栄光教会 表紙へ