説教集 目次へ

 

マルコによる福音書10116

 

 

  イエスはそこを立ち去って、ユダヤ地方とヨルダン川の向こう側に行かれた。群衆がまた集まって来たので、イエスは再びいつものように教えておられた。ファリサイ派の人々が近寄って、「夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と尋ねた。イエスを試そうとしたのである。イエスは、「モーセはあなたたちになんと命じたか」と問い返された。彼らは、「モーセは、離縁状を書いて離縁することを許しました」と言った。イエスは言われた。「あなたたちの心が頑固なので、このような掟をモーセは書いたのだ。しかし、天地創造の初めから、神は、人を男と女とに、お造りになった。それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」家に戻ってから、弟子たちがまたこのことについて尋ねた。イエスは言われた。「妻を離縁して他の女を妻にする者は、妻に対して姦通の罪を犯すことになる。夫を離縁して他の男を夫にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」

 

イエスに触れていただくために、人々が子供たちを連れて来た。弟子たちはこの人々を叱った。しかし、イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた。「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」そして、子供たちを抱き上げ、手を置いて祝福された。

 

 

『天の祝福』

 

 本日与えられたマルコ福音書10章には、結婚と離婚、そして最後の段落で、子供をめぐる話が記されていました。

結婚と離婚、そしてこどもという言葉だけをならべると、家族についての話が書かれている印象があります。確かにその面もあったようです。

しかし結婚や幼子の姿を通して、イエス・キリストが、人の生き方そのものについて、特に神さまとの関わりについて語られた言葉が記されていたようです。

ご一緒に振り返ってみましょう。

 

イエスはそこを立ち去って、ユダヤ地方とヨルダン川の向こう側に行かれたといって今日の個所は始まります。

ちょっと前にさかのぼりますと、ガリラヤ湖畔のカファルナウムにイエス・キリストはおられたことが分かります(933)。そこからずーっと南下して、ユダヤ地方、そして、ヨルダン川の向こう側、向こう側というのはヨルダン川の東側になりますが、ペレアと呼ばれる地方です。

地図でご確認いただければよろしいかと思いますが、とにかく宣教活動の拠点であったガリラヤ地方からずいぶん南に下っていっております。

 

まあ、細かい地理はわからなくても、この地が、だいぶエルサレムに近づいているということを頭の片隅に入れておいていただけるとよろしいかと思います。

言うまでもないことですが、エルサレムに近づいているということは、十字架にかけられ、殺される日が近づいている、そのことを意味しています。

 

さて、さらにこのペレア地方は、ヘロデ・アンテパスのお膝元であったということも、ご紹介しておきたいと思いまうす。

 

ヘロデ・アンテパスは王の特権を生かして、違反行為によって結婚をしておりました。自分の兄弟のお嫁さんと結婚していたということでした。

国民は、しかし、王様がなさることに逆らえば自分が何をされるか分からないということで黙っています。しかし、ただ一人、敢然と立ち向かう者がおりました。洗礼者ヨハネです。

ヨハネは、ヘロデに向かって、あなたの結婚は律法に違反していると公然と立ち向かいました。ヘロデと、その妻ヘロディアは、ヨハネに腹を立てて、牢に閉じ込める。そして、その娘が踊りを踊って人々を喜ばせたときに、その褒美としてヨハネの首をはねた、という残酷な事件が福音書に記されています(マルコ614以下)。

 

今日の個所は、ファリサイ派の人々が、イエスのところにやって来て、夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか、と尋ねたことが発端となっていました。

 

この質問は、イエスを試そうとしたものであったとあります。

ペレアの地方で、この質問に答えることは、ひょっとしたら、命がけの事であったのかもしれません。下手なことを言うと、洗礼者ヨハネの二の舞になる。そういう背景があったと考えると、大変緊張に満ちた場面であります。

 

もしもイエスが、そのとおり、離縁は律法にかなったことだよ、といえば、離婚を正当なものと受け止めることになる。

しかも当時の離婚は、男性側にのみ権利があって、女性には離縁状を書く権利が与えられていない、そういう偏ったことも含めて認めることになる。そして、ヘロデたちの横暴も、ある意味、認めることになる。結婚が離婚しても良いという前提の上に立ってしまう。

それは、結婚というものの意味を、ずいぶん変えていくものになりかねない。

 

かと言って、イエスが、それはいけない、と言い切れば、では、あなたはモーセの律法に公然と逆らうのか、神の掟を間違ったものと認めるのか、ということになる。そして、ヘロデの耳にもそれを聞かせようか、ということにもなる。

 

当時のファリサイ派の人々は、考えに考えて、こういう落とし穴のある質問をしばしばイエスにぶつけていたようであります。

 

さて、そこで、イエスは何とお答えになったか。

主はまず、逆に問い返されます。モーセはあなたたちに何と命じたか

律法の問題で尋ねてきた彼らに、律法の言葉に立ち返るところから始められる。

 

ファリサイ派の人々は、待ってました、という気持ちになったことでしょう。何せ、彼らは律法の専門家。最初の質問も、律法に適っているかどうか、というものだったことを見てもわかるところです。彼らは、間髪いれず、答えます。

モーセは、離縁状を書いて離縁することを許しました

 

これを受けて、主イエスは、あなたたちの心が頑固なので、このような掟をモーセは書いたのだ。しかし、天地創造の初めから、神は人を男と女にお造りになった。それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である、と。創世記の初めの言葉をそのまま、お語りになります。

 

同じ律法の言葉を聞きながら、どうやら両者は、違う視点に立っている。

イエス様とファリサイ派の人々の立っている場所はどう違うのか。

 

ひとことで申し上げて、出発点が違います。

ファリサイ派の人々は、離縁はできるものかどうか、というところから始めている。

 

これに対して、イエス様は、天地創造の神の御意思から始めておられる。もともとあるものを語られた。天の父のもとから来られたイエス様ですから、天の父の御意志が、まずいつでも思い出されるのでしょう。

 

それと対照的に、ファリサイ派の人々は、世の法律に立っている。本来、こうですよ、ということではなく、法律によって何がゆるされているか、と語る。

 

 

 

これは考えさせられることでもあります。世間ではどうでしょうか。分かりやすいたとえを引くなら、週刊誌のネタ。それは、離婚の話です。結婚生活の有意義、結婚生活の本来持っている素晴らしさ、こういったことがどれくらい話題になるでしょうか。

それに対して、離婚の話は多い。不思議とやりやすいのでしょう。

 

わたしたちの普段の会話も、油断すると、そうなりがちです。

本来の素晴らしさを語れない。なぜなら、本来のところに立っていない自分がいるから。本来のところに立てない、わたしたちの弱さ、貧しさがあるから。

 

 

ファリサイ派の人々が投げかけた離縁に関する質問を受けて、イエス様は、別の次元に話を持っていかれたようです。とっても豊かな次元に話を持って行かれたようです。

つまり、イエス様が、天地創造の初めから、というところに話を持っていかれたことによって、これは、結婚した人だけの問題ではなくなっております。

神様によって造られたみんなの問題になっております。

 

ファリサイ派の人々の問題は、自分の弱さを棚に挙げた自己正当化でありました。

これはかんぐりすぎかもしれませんが、ひょっとしたら、ファリサイ派の人々の中にも、結婚したけれどもうまく行かず、離婚をした人がいたのかもしれません。今の時代ほどでないにしても、そういう人は周りにもいたことでしょう。

 

「それは、モーセの律法が許しているからオーケーだろう」と、彼らは声を大にして叫んでいるように聞こえます。

「いつでもどこでも、離縁は許されていること。だから、文句を言われる筋合いはない。」と、声高に叫んでいるように聞こえます。

 

イエス様が、モーセは何と命じたか、と質問されたのに、彼らが「モーセは何々を命じました」といわずに、離縁することを≪許している≫と答えているのも意味ありげです。

 

イエス様は、「モーセは」・・・ということは、モーセを通して神様は、・・・何を語っておられるか、何をあなたたちに伝えようとしておられるか、あなたたちは日々、どんなメッセージを神様から聞いているのか。そう聞かれました。

 

これに対して、ファリサイ派は、「モーセは、これを許しました。」というところを出発点にしている。

 

でも、それは最初からあったことではない。神さまの御意思は、ただ人を男と女に造られたということ、男と女に造られたということは何を意味しているか。

 

基本は愛し合うためでしょう。

私たちは神の似姿に造られた。神にかたどって造られた。

その神とはいったいなんぞや。神は愛である。聖書は、そう短く教えてくれます。

神は愛である。その神にかたどって造られたわたしたちは、愛し合う者として造られている。だから、男と女に造られた。

 

そして、私たちが男と女に造られたということは、違う者として生まれてきて、そのお互いが、助け合って生きて行くことを意味しています。各自が自己完結していない。互いに手を取り合う。支えあう。赦し合う。そういう存在として造られた。

 

「離縁したっていいでしょう、法律に基づいてやれば、仲が引き裂かれてもいいんでしょう。文句はないんでしょう」という姿勢は、その原点を失っております。

 

ファリサイ派の質問を受けたとき、イエス様は、この点を強くお感じになられたのではないでしょうか。

 

しかし、相手がどんなに意地悪な意図を持っていたとしても、ペレアの地にだれが住んでいるとしても、イエス様は、目の前の相手に、こんなに誠実にお答えになられた。真剣に関わられた。その姿勢を、この個所から、ひとつ教えられるように思えます。

 

あなたたちが頑固だから、こういう掟をモーセは書いた。

それは、結婚、離婚という問題だけではないと思います。人と人とが出会い、関わりあう中で、一体、どれだけ私たちが仲たがいし、傷付けあっているか。

もしも神さまがそこで、一刀両断で私たちを裁かれたら、皆生きていくことができない。みんな裁かれて、捨てられて、おしまいになってしまいます。

 

でも、神様は、愛の方だから、私たちに逃れの道を用意された。赦しの道を用意された。神様の愛は完全だけれども、私たちは、しばしば愛することに失敗する。その私たちが、それでも、明日に向かって生きていくために、神様は道を用意された。

イエス様は、ファリサイ派の人々よ、権利を主張する前に、離縁せざるを得なくなった、関係を正しく保つことができないほどに、頑固な心を持った自分を悲しんだらどうだ、自分の胸に手を当てて、悔やんだらどうだ、律法が許している、なんて言う前に、それが必要だろう、とおっしゃりたかったのではないでしょうか。

 

今日は話が、最後、幼子たちに触れて締めくくられているのは、慰めに満ちたことです。子供たちを見て、弟子たちは、追い払う。律法も分からないような、子供たちが、イエス様のところに来るのを拒む。

でもイエス様は、その子供たちのようであってこそ、神の国に入るとおっしゃいました。

 

ただ愛されることを求めて、ただ祝福されることを求めて、イエス様のところに駆け寄る。ふところに抱かれることだけを求めて、自分ひとりでは生きていけない、だれよりも弱い自分を知って、愛を求めて、駆け寄るこどもたち。

この姿こそ、神の国に生きる者だ、とイエス様はお語りになりました。

 

神は愛です。

その神によって私たちは造られ、支えられ、赦しの中で生かされております。

求めるべきものは多くありません。ただ、主のみ腕に抱かれる。愛される喜びを胸に、また、愛する喜びを胸に生きていく。それでいいのだと、今日のみ言葉は私たちに語っておりました。

 

 

                                20091011日 礼拝にて

日本福音ルーテル栄光教会 表紙へ