説教集 目次へ 
 

ヨハネによる福音書15117

 

 「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる。わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている。わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。わたしにつながっていない人があれば、枝のように外に投げ捨てられて枯れる。そして、集められ、火に投げ入れられて焼かれてしまう。あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。あなたがたが豊かに実を結び、わたしの弟子となるなら、それによって、わたしの父は栄光をお受けになる。父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい。わたしが父の掟を守り、その愛にとどまっているように、あなたがたも、わたしの掟を守るなら、わたしの愛にとどまっていることになる。

これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである。わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人が何をしているか知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。あなたがたがわたしを選んだのでない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。互いに愛し合いなさい。これがわたしの命令である。」

 

『いのちは神の御手に』

これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである。

 

先ほどお読みいただきましたヨハネ福音書15章のみ言葉、11節に、こういうひとことがありました。

これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである。

 

イエス・キリストは、たくさんのみ教えを弟子たちに残されました。聖書を読んでおりますと、わたしたちも、その一端を垣間見ることができます。

 

自分を愛するように、隣人を愛しなさい。

求めなさい、そうすれば与えられるであろう。門をたたきなさい、そうすれば開けてもらえるであろう。

一粒の麦は落ちて死ななければ、一粒の麦のままである。だが、落ちて死ねば、豊かに実を結ぶ。

隠れているもので、露わにならないものはない。

あなたがたの敵を愛しなさい。あなたがたを迫害し、あなたがたを呪う者のために、あなたがたは祝福を祈りなさい。

 

などなど、キリスト者でなくても、どこかで耳にしたことのあるような、珠玉の教えの数々。おそらく、わたしたちが聖書で読んでおりますのは、そのみ教えの一部であって、当時、寝食を共にしていた弟子たちは、もっと、もっと多くの言葉を、主イエスの口から聞いていたことでしょう。

 

そういったたくさんの言葉を語って来たのは、何のためであったか、それはわたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである。と。

喜びのためであると。キリストの言葉は、何のために発せられたかと言えば、わたしたちが喜びにあふれ、喜びに満たされるために、そのために、主イエスは、これらの言葉を語って来たのだと。

 

わたしたちが、聖書を読む。これは、何をわたしたちにもたらすのか。喜びをもたらすのである、とこう言いきっても過言ではないでしょう。

イエス・キリストの言葉、すばらしい聖書の言葉、それは、喜びとなる。

 

ですから、聖書を読みながら、暗い気持ちになることがあるとしたら、それは、正しい読み方をしていないということになりましょう。聖書を読みながら、いつもしかめっ面をしているなら、それはどこかでずれが起こっているということになりましょう。

聖書を読めば、喜びがやって来るのです。

 

さて、しかし、ここで考えないといけないことがあります。それは、では、喜びとは何か、ということです。

 

皆さんは、喜びとは何か、と聞かれたら、何が浮かんでくるでしょうか。

孫がやって来た。これは喜びかもしれない。

いつになったら結婚するかと思っていた息子さん、娘さんがいい人を連れて来た。これも嬉しいかもしれない。

給料が上がった、学生さんならば、成績が上がった。あるいは、志望校に入学できた。こんなところには、間違いなく喜びがあります。

 

でも、こういった喜びは、ある特定の人の喜びです。

成績が上がったということは、すぐ隣の席の人が成績が下がったということかもしれない。自分には喜びでも、他人には喜びとは限りません。

あるいは、逆に、あの人にとって喜びであることが、わたしにとって喜びでないことがあります。

人の喜ぶ姿を、素直に喜ぶことができない、むしろ、妬ましい気持ちさえ起るのも、わたしたちの現実です。

 

では、聖書が告げる喜びは何か。

 

聖書は、古今東西、万人に向けて書かれた書物です。

いま、ここでわたしたちが読む。この言葉は喜びですと読む。それは、地球の裏側の人にも喜びであり、いま、ここに来ていない人にも喜びであり、さらに千年前の人にも喜びであったし、まだ見ぬ遠い将来の人、わたしたちの孫の孫のそのまた孫にとっても、聖書のもたらす喜びは、喜びなのであります。

キリストは、そういう喜びについて語っておられます。

 

それは何か。

それは、天の喜びです。

天上の喜び。神さまの領域にかかわる喜びです。

 

この地上の喜びは、限界があります。あの人にはよくても、この人にはよくない。地上の喜びは、決して、みんなに共通の喜びとはなりえない。

古今東西、みんなに等しく喜びとなるのは、天の喜びです。

 

あと一ヶ月ちょっとすると、クリスマスを迎えます。クリスマスの夜には、天使がやって来て、羊飼いたちにメッセージを告げた、と聖書に書かれています。あちこちでクリスマスの聖誕劇をやる時に欠かせない場面です。

 

羊飼いたちへの天使のセリフはこうです。

「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。」(ルカ21011

 

クリスマスの夜にも、天使から喜びについて語られました。それは、民全体に与えられる大きな喜びと言われます。

 

これは、今日のイエス様のことばと同じものです。民全体に与えられる大きな喜び

イエス様が、弟子たちに、語られた今日のヨハネ福音書15章の喜びもこれと同じです。

 

そのような喜びをもたらすために、神は天使を通してみ告げを残され、またイエス・キリストは、弟子たちに、今まで語って来た教え、それはすべて、あなたがたに喜びをもたらすためだった、と言われる。

 

その喜びのさまを表すのに、今日のみ言葉は、ぶどうの木と枝をたとえに語られておりました。

イエス・キリストはぶどうの木、わたしたちは、その木につながる枝々であると。

 

イエス様が、御自身とわたしたちの関係を表すのに、ぶどうの木を題材にとられたのは、恵み深いことです。

針葉樹のようなものではありません。まっすぐに天に伸びていく木ではありません。

横へ横へ広がるのがぶどうの木であり、その枝です。つながっているのです。ぶどう園を見に行くと、もうどの枝が、どの木につながっているのか、分からないくらい、枝々が広がり重なり合っています。

 

ぶどうの木と枝にたとえられたというのは、ひとことで言えば、わたしたちは、神様と一体だ、ということです。

 

わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。とか、

わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、とか、

わたしの愛にとどまりなさい、とか、

わたしはあなたがたを友と呼ぶ、とか、こういった一言、一言を、振り返って行きますと、わたしとあなたがたは一体となるのだ、わたしの命があなたの命となり、あなたの命は、わたしの命となるのだ、と言われているが伝わってきます。

 

イエス・キリストの命は、永遠の命です。神さまですから。

永遠です。その永遠の命が、わたしたちの命となる。わたしたちの命が、永遠なるイエス様の中にのみ込まれて行く。

それこそが、イエスの語られた喜び。皆に等しい喜び。今ここにいる者だけでなく、すでに天に召された者をも包み込む、永遠の喜び

その喜びが、イエス・キリストを通して、この地上に届けられました。

 

この地上で、与えられた日々、その日々を、確かな喜びに満たされて生きていくためには、イエス様につながっていることです。

枝が幹につながっているように、しっかりイエス様につながっていること。

祈ること、み言葉に耳を傾け続けること、礼拝に来ること、そうやって、イエス様につながるのです。

 

そうすれば、世の悲しみ、苦しみの中にあっても、永遠の喜びが、わたしたちを満たします。それは、天の喜びです。神さまの喜びです。

 

天に召された兄弟姉妹たちは、すでに、その喜びの中で永遠の命を受け、永遠の慰めの内に生きています。

 

しかし、これは、天に召されて初めて、この喜びを味わうのではありません。

なお、この地上での日々を歩むわたしたちも、同じ喜びを味わうことができます。

主を信じれば、その喜びを知ることができます。永遠の命を約束する主のみ言葉を信じて、生きる。そこに、天からいただく、消えることのない喜びが宿るのです。

 

救いをもたらすために、イエス様は来られました。永遠の喜び、永遠の慰めのために、主は、わたしたちのもとに来られました。

イエス様は、いまも、わたしたちと共にいてくださいます。イエス様は、わたしたちの内に生き、わたしたちもまた、この身を主にゆだねて、生きていくよう招かれております。

 

わたしたちの命は主のもの、主の御手の内にあります。

信仰と希望を胸に、新しい日々を生きていきたい、このように思います。

 

 

                                   2009111日 礼拝にて

日本福音ルーテル栄光教会 表紙へ