説教集 目次へ
 

ルカによる福音書2120

 

  そのころ、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。これは、キリニウスがシリア州の総督であったときに行われた最初の住民登録である。人々は皆、登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。身ごもっていた、いいなずけのマリアと一緒に登録するためである。ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。

 

  その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。

  「いと高きところには栄光、神にあれ、

   地には平和、御心に適う人にあれ。」

  天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

 



『今日、あなたのために』 

 

年の瀬を迎えました。私たちは、この年の瀬に祝うものと言えば、むしろお正月を思い浮かべるかもしれません。もうすでに、お正月の準備を色々しておられる方もあるでしょう。たとえば、年賀状。もう書き終えて投函を済ませた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

いや、すでに届いたものもあります。祝い事の反対ですが、喪中の知らせです。この一年、身内の方を亡くされた方から、わたしのもとにも、すでに何通か喪中の知らせが届きました。

何も知らなかった子どもの頃、ご近所の方に、あけましておめでとうございます、と言うと、横から母が、おばさんのところは、さびしいお正月ですね、と言うんだよ、と注意されました。さびしいお正月であればこそ、みんなではがきを送ってあげたらよいだろうに、と思い、今でも、なんとなく納得がいかないのですが、これが、私たちの習慣です。

 

さて、そういう習慣に生きております私たちですから、クリスマスも自粛しなければならないのか、と心配される方もあるようです。

メリークリスマス!とあの人には言ってよいが、この人には言ってはいけない、とか、あるのだろうか。欧米人は年賀状を出す代わりに、クリスマスカードをやり取りしているが、これは、喪中の人にはどうしているのだろうかと。

 

答えは、クリスマスの祝いに、何の隔ても、何の自粛もない。世界中の人がお祝いすることができる。いや、主語を入れ変えて言えば、この喜びの知らせが、届かない人などいない。この世界に生きている人、ひとりひとりのもとに、天から届けられているのが、クリスマスの知らせ、クリスマスおめでとうの声であります。

 

そのことを知らせる言葉が、聖書には、次のように記されておりました。

恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。

これは、徹夜で羊の番をしていた羊飼いたちのもとに現れた天使の言葉でした。

恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。

 

ちょうど、私たちも、いま、夜に集まっております。昨今は、24時間営業する店も増えましたので、こうしている間にも、働いておられる人が多いのですが、いまから2000年ほど前の時代、この夜の時間に働いている人は、そんなに多くはありませんでした。

 

羊飼い。彼らは、夜通し、羊の群れの番をしていました。

彼らが養っていた羊の群れ。牧場や、動物園に行って、見てみますと、もこもこの毛におおわれている動物で、かわいらしいです。今、皆さんの中にも、羊の毛で作られたセーターを着ている方もおられると思います。

 

羊は、おとなしい動物です。牙も生えていないし、鋭い爪をもっているわけでもない。オオカミやハイエナのような獣がやってくると、身を守るすべをもっておりません。逃げるにしても、足もそんなに速くありません。彼らは、ただ、そのもこもこのからだを寄せ合って、互いを温めつつ暮らす生きものであり、弱い動物です。

 

そんな羊たちですから、羊飼いが必要です。羊飼いが一緒にいて、おそらく夜の間は、まきを集めて、火をおこしている。そして、獣が迫ってくると、羊飼いたちが、松明のように、火のついた枝を振り回して追い出していたことでしょう。

 

そんなふうに夜の時間を過ごしていた、羊飼いたちのもとに、天使が現われました。

 

泥にまみれて過ごす羊飼いと、空の果てに浮かぶ天使。対照的な両者ですから、私たちは、なんとなく、この天使は、空の遠くから、羊飼いに声をかけたような映像を思い浮かべるかもしれませんが、聖書にはっきり書かれているのは、天使が羊飼いに、近づいて、そして、恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。と言ったということです。

 

ここで、主の天使が近づき、≫と訳されている単語は≪そばに来た≫という言葉です。天使が、羊飼いたちのもとに、すぐそばまで来た、ということ。

これはたとえば、今わたしは、ここで、この聖壇の上で、立ってお話をしている。わずかな距離ですが、なんとなく遠いでしょう。そして、この聖壇は、皆さんの座っている所より、少しばかり高い。それに皆さんと違って、なんだか神々しい服を着ている。敷居が高いと思われることもあるでしょう。

でも、たとえば、こうしているわたしが降りて行く。壇上を降りて行く。そして、皆さんの所に行く。そして、隣に座る。そして語る。

(降りて行って、何人かに向かって、「クリスマスおめでとう」と言う。)

 

(戻ってくる。)高いところから≪皆さん≫に話すのではなく、≪あなた≫の隣に行って、≪あなた≫にだけ語る。

 

天使が、羊飼いのもとに近づいた、というのは、そういうことでした。

これが、最初に、クリスマスが知らされた瞬間でした。

 

そして、その知らせの内容はといえば、わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。というものでした。・・・これは、特別選ばれた人のためのものではない、喪中の人は締め出しということでもない。民全体に与えられる大きな喜び

 

私たちの暮らしの中で、喜びはあります。大きな喜びがあります。皆さんも、振り返れば、この一年にあった、嬉しいこと、喜ばしいことが思い出されるかもしれません。

 

でも、それは、民全体喜びだったでしょうか。あなたの喜びは、隣にいる人にも喜びだったでしょうか。むしろ、場合によっては、自分には喜びでも、あの人にはねたみを引き起こすものになることもあるし、あの人の喜びとすることがわたしにとっては、つらい話になるということもあります。家族に不幸のあった人にとって、周りの人がやり取りする年賀状の数々は、むしろ、さみしく見えることもあるでしょう。

 

でも、天使がそばまでやって来て、羊飼いたちに知らせたのは、民全体に与えられる大きな喜びでした。それが、神の御子イエス・キリストの誕生の知らせでした。

 

さてしかし、それならば、この民全体への知らせは、すぐに、民全体に知らされたのか、といえば、そうではありませんでした。地球上に住む民全体への喜びの知らせは、夜中に起きていた羊飼いたちだけに知らされました。

彼らは、ベツレヘムに行って、それが確かだったことを知り、これを人々に知らせました。何せ、民全体への喜びですから。しかし、その知らせを受けた人々は、それを喜びとして聞いたのかと言えば、全くその反対でした。皆は、きょとんとしていた。

あの羊飼いの連中は、何を騒いでいるのか、と相手にもしなかった。

 

実は、羊飼いは、当時、汚らわしい仕事に就いている者として、みんなから敬遠されていました。私たちは、牧歌的なイメージを膨らませて、ロマンチックに考えてしまうところもありますが、彼らは嫌われていました。

世の常ですが、必要な仕事だから、それを請け負っている人たちがいるのに、底辺の仕事に従事する人を毛嫌いするということがあります。そして華やかな仕事や、目に見えて社会的に認められる職業の人を優遇するということが、私たちの世界にはあります。

 

それで行くと、羊飼いは、世間からさげすまれている職業でした。

だから、彼らが、一所懸命つたえたところで、あの羊飼いの連中は何を言っているのだ、程度にしか聞いてもらえなかったのです。

 

とすれば、天使たちを、羊飼いのもとに遣わされた神さまは、何を考えておられたのか、という疑問が残ります。

民全体に与えられ、伝えられるべき喜びの知らせならば、その最初の発見者には、別のタイプの人がよかったのではないか、と。

社会的に認められている人、ああ、こういう人が言うからには、きっと本当なのだろうな、とすぐに受け入れてもらえるタイプの人。あるいは、宣伝効果の高い人。この時代で言えば、初めに出てくるローマ皇帝アウグストゥスならば、いちばんよかったのかもしれません。何せ、彼が言えば、世界中の人が、戸口調査のために、故郷に戻るほどの影響力でしたから。

 

しかし、神さまのみ心は、そこにはありませんでした。宣伝効果とか、身分の高い人による報告には、神さまの思いはあらわれませんでした。

 

そうではなく、世間で見放されている人、忘れられている人、夜通し過ごしている孤独な人、そんな人たちのことをも、神さまは、忘れることなく、お救いになる。それこそが、民全体に与えられる大きな喜びなのだ、ということを伝えるために、天使は、あの夜、羊飼いたちのもとに近づいたのです。神さまのみ心はそこにありました。

 

そして、ちょうど、この羊飼いたちが、無力な羊たちを守るように、わたしが、無力なお前たちを守る、という約束として、救い主は送られて来たのです。

 

私たちは、いわば、羊です。本当のところ、無力な羊です。どんなに強がっても、どんなにこの世で成功を収めて、立派に生きているように見えても、横から何かに攻撃されれば、身を守るすべもない、羊です。

私たちは、どんな攻撃にさらされているでしょうか。悲しみという攻撃もある、寂しさという攻撃もある。恨みや、ねたみという不満もある。あすは何が待っているか分からないという不安も襲う。大切な人を亡くした悲しみ、またいつかは自分にもやってくる死の不安・・・。

 

羊を狙うのは、オオカミやハイエナだけかもしれませんが、私たち人間を襲うものは、いくらでもあります。私たちは、羊たち以上に、弱く、なんの力もない者同士です。

 

その私たちを、わたしが、羊飼いとなって、守る。どんな不安があっても、どんな悲しみがあっても、どんな憎しみがあっても、そして、どんな喜びがあっても、わたしは、あの羊飼いたちのように、昼も夜も、あなたのそばにいる。あなたを見捨てない。という約束。

その神のみ心が、人の姿をもって現われた。それが神の御子の誕生なのです。

 

ときどき、わたしは耳にします。イエス・キリストの誕生は、おとめマリアからの誕生であった、とは非科学的なことだと。

でも、欧米のキリスト者は、別の所に注目して言います。つまり、≪神が人になった≫ということの驚きを。おとめだなんだ、ということなど、あまり気に留めず、彼らは、≪神が人になられた≫ことに驚きます。

 

それがクリスマスです!あの日、天使が、羊飼いたちのすぐそばまで来たように、神さまが・・・、手の届かないところにおられるような神さまが、この世に降りて来られた。

いや、この世に降りて来られたのではない、あなたの所に来られた。あなたのために、来られた。ひとりの赤ん坊の姿となって。あなたを救うために!

これが、民全体に与えられる大きな喜びなのです。

 

クリスマスは、2000年前のパレスチナ地方の話ではありません。

それは、今日、あなたのもとに届けられた、天からの知らせです。

 

神の御子イエス・キリストは、お生まれになりました。今日、あなたのために、お生まれになりました。この天からの知らせに感謝し、ご一緒に祈りたいと思います。

 

 

20091223日 焼津礼拝堂キャンドル礼拝にて

日本福音ルーテル栄光教会 表紙へ