知床旅情(8月24日〜27日)


 結婚30周年を記念して、旅行したいなあと思いつつ、1年がたってしまっていた。
なにげなく〜さりげなく〜 家にいる子供に
「子供たちに祝ってもらうと嬉しいなあ」
と 言ってみた。
即座に連絡し、相談しあい、みんなで旅行をプレゼントしてくれた。
子供たちに、なにかをしてあげることは当然と思っているけれど、
してもらうことには 慣れてなくて、、それぞれ 実際 それどころではないのに・・・・
と 仕掛けておいて なんなんだけど、「申し訳ないから いいよいいよ〜〜」
と辞退したが、子供たちは その気になってくれて。(^^;;;
広々とした大地と空と。
十勝岳の裾野に 富良野の町。
層雲峡〜銀河の滝。
母なる川 石狩川に流れ込む。
さまざまな形に見える柱状節理。
網走川があちらとこちらの世界を分けている。
網走刑務所を出所した人が、この橋の上から 川面に顔を映して、新しく生きる決意をするという。
鏡橋。
向こうから 人が・・・・あら 夫だわ。

霧の中から 姿を見せた摩周湖。
怪しく 不思議なたたずまい。
どこまでも続く道・・しらかば林。
北海道らしい風景を堪能。
知床の山々が くっきり見える日は 珍しいのだそうだ。
右端が 羅臼岳。
ネイチャーガイドとともに、鹿や熊 きつつきなどが生息する知床五湖あたりを 静かに散策。
遊覧船で知床半島に接近。
メガネをかけて よく見ると、絶壁でエサを食む鹿 発見♪
♪しれとこの岬に ハマナスの咲くころ♪
ハマナスの花が、過ぎ行こうとしている夏を惜しむかのように咲く道を、「トドワラ」まで 往復1時間ほど歩いた。


記念植樹。
自然の生態系を壊さないようにと、こぼれ種から育てた苗♪
私たちは、「ナナカマド」
何年後かに また見に来たいねと言い合った。







「出かけてリフレッシュ」 前ページ 次ページ トップページ